花霞の宴

花霞の宴

桜の花が咲きわたる一帯を遠望すると、そこが白く霞がかっているように見えてまいります。このさまをあらわす言葉が花霞であり、「花霞の宴」は、この情景から生まれました。
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけをいたしました。桜色に染めた琥珀の表面をうっすらと覆う砂糖の薄衣で、一瞬の春の美を表現しております。

ニュース

2016.11.22
2016.11.22

取り扱い店舗

京都駅ビルにても販売中
京都駅ビル専門店街 The CUBE 京名菓(北館)
京都駅ビル専門店街 The CUBE 京名菓 匠味
京都駅地下街 Porta 京名菓
アスティロード 京名菓「大原」
京菓子司都では、地元京都をはじめ全国各地の小売店にて販売をおこなっております。